ブログ 平松 正大さんが書いた記事

次へ>>

4年間を振り返って[ラグビー部リレー日記]

 written by 平松 正大投稿日時:2014/12/06(土) 21:16

いつもテーピングを巻いてくれている小川からバトンを受け取った平松です。
 
毎年、先輩たちが「最後の~」というようなリレー日記を書いているのを見てきたが、ついに自分が「最後の」リレー日記を書く番が回ってきた。正直、長い長い4年間だった。
振り返ってみると怪我ばかり。唇が裂けたり鼻を折ったり足首を捻ったり脳震盪になったり頸椎捻挫になったり。上級生になった去年も早々に股関節の手術が決まり、ほぼ1年間リハビリ生活。こんな怪我だらけの3年を過ごし、学年だけ立派に4年になった。
4年になっても怪我は絶えず、春には膝を怪我して夏合宿最後の試合では手術をしていない方の股関節を怪我して。秋には右腕と左手を骨折して、対抗戦最終戦まで練習に参加することさえ叶わなかった。
 
情けないことに、最後の年の対抗戦シーズンは4年連続4回目の落ち葉掃除で終わった。数えてみたらラグビーを始めてから、練習している期間と怪我でリハビリしている期間は同じぐらい。新球がおろされる日よりも新しい箒がおろされる日の方が印象に残っている程である。皆と同じように「ラグビーしんどかった」とか「ラグビーやっていた」など、大きい顔して言うことなんてできない。離脱ばかりして同期には本当に迷惑をかけた。安田中さんや川本さん、片山さんなど、OBの人たちにも応援していただいて、よく声もかけていただいていたのに、こんな自分で申し訳なく思う。
 
今年の対抗戦では、3戦目が終わった次の練習で骨折してしまい、メンツを外れた。
4戦目。成城戦。勝ってみんなが喜んでいる中、僕は正直、少し寂しい気持ちになった。もちろん、チームが格上相手に勝つことができたのは嬉しかったが、喜びの輪の中にいれないことが悲しかった。
試合後、一人で泣いた。もう、右腕がどうなってもいいとも思った。早く戻ってみんなと一緒に練習して、みんなで勝って、みんなで喜びたかった。心の中でどう熱くなっても、骨がくっつくはずもなく、予定より2週早くギプスを外してみたものの、激痛で練習に参加することは不可能であった。密かに目指していた学習院戦にも当然間に合わなかった。
 
これまで、チームが勝った時に寂しい、という気持ちになったことはなかった。今年の春の防衛戦で、チームが喜んでいる姿を外から見ていても、悲しい、という感情は一切芽生えず、メンツを見ていて、ただただ純粋にみんなかっこいいなぁ、すごいなぁ、と思って勝利を祝福するだけであった。
しかし、今年の春シーズン最終戦である九州戦で、チームが数年振りに勝った時には、勝利の喜びをグラウンドで分かち合えた。あの最後の試合終了の笛が鳴った時、本当に嬉しかった。冗談抜きにして人生で一番嬉しかった。あの勝利の味は忘れない。本当に気持ちよかった。
また、勝ちたい、と感じた。
 
対抗戦最終戦。学習院戦。勝ってみんな喜んでいた。このとき、また、どこか寂しい気持ちになってしまった。熊谷での試合で、自分たちの学年が引っ張るチームが勝利したのに素直に喜べていない自分が恥ずかしかった。グラウンドで体を張り続けた同期が羨ましかった。自分もあの場所にいたかった。
学習院戦での勝利は九州のときの何十倍も何百倍も気持ちよかったに違いない。自分もその勝利の味を味わいたかった。
もう、これ以降、人生でスポーツの勝ち負けにここまでこだわることはないであろう。
 
対抗戦は終わったが、幸い、最後に定期戦が二つ残っている。最近骨折から復活し、名古屋戦のメンバーに選んでいただいた。
 
勝ちたい。勝ってみんなと喜びたい。
 
最後の最後、もう全ての怪我を忘れて思いきりプレーする。対抗戦に出ることができなかった悔しさをすべてぶつける。特に明日は、酒井や江村、和宏や岡本など、同じポジションで試合に出られない人たちの分の気持ちも背負っている。絶対に抜かせない。意地でも止める。何が何でも前に出る。
覚悟をもって名古屋を倒しに行きます。
 
次は今シーズン大活躍の鉄本にお願いします。

自分の役割[ラグビー部リレー日記]

 written by 平松 正大投稿日時:2014/03/17(月) 22:08

こんにちは。平松正大です。 この春からもう四年生になります。 なります。 今まで、どんなコミュニティでも「その他大勢」の一人であり続けた僕が、今年は何かと役職についています。 まずは、新歓代表。 幸い、就活もないので、4月は死ぬ気で頑張ります。 一人でも多くの新入生にラグビーの楽しさ、ラグビー部の魅力を伝えていこうと思います。 次にフィジカル。 去年一年は怪我で練習に参加できず、ウエイトばかりしていました。入院中に栄養やトレーニングについて調べていたことが評価され、今年から新規加入となりました。 極限まで追い込んで、ペアと共に大きくなっていきたいと思います。 最後に、練習リーダー。 これは、練習を盛り上げる役割です。普段はひたすら話し続けている僕ですが、練習中、特に自分の苦手な練習になると、途端に黙ってしまいます。自分ができていないことを人に注意することはできません。声を出すためにも、自分が苦手な部分を克服していかなければなりません。全ての練習の意図を理解して、練習から、体をはっていきたいと思います。 文才がなく、いつも小学生の作文のような日記となってしまいます。本を読んで、文章を書く能力をつけたいです。最近『嫌われる勇気』という本が流行っているみたいです。是非読んで、参考にしたいと思います。 次は、一見市販されている玉ねぎと区別がつきにくい、オニオンこと井上啓太くんにお願いします。 東大ラグビー部新4年 平松正大

筋肉が意味すること[ラグビー部リレー日記]

 written by 平松 正大投稿日時:2013/08/18(日) 21:26

こんにちは。
お待たせしました。
平松正大です。

合宿中です。皆、へとへとです。
例年に比べ、練習もきつそうです。

私は、今シーズンの初めに手術をして、1年間リハビリ生活を送ることになりました。
お医者さんによると、復帰は来年の2月らしいです。
死ぬ気でリハビリを頑張って12月の京大戦に復帰してみせます。

3年の1年間を怪我によって練習に参加できない、というのは致命的と思われる方がほとんどだとは思います。本来、チームの核とならなければいけない学年です。声だけ出していても仕方ありません。

しかし、見方を変えれば、チャンスでもあります。
去年、何試合かAチームでプレーさせていただいたのですが、明らかにフィジカル面が課題でした。
1年間、練習を抜けて技術面で遅れをとることは否定できないですが、1年かけて立派に肉体改造をすれば、自分にとってはプラスになるのではないか、と思います。

去年まで、私は筋トレが大嫌いで、逃げて逃げて、ひたすら逃げていました。首が痛い。肩が痛い。腰が痛い。正直、練習がしんどくて妥協していた部分はありました。

しかし、今年は練習ができないので、自然と筋トレをする回数が増えてきました。やっていくうちに、筋肉が大きくなってくることが目に見えてわかり始め、だんだん筋トレが好きになってきました。当時、同じく長期離脱をしていた榊田さんや同期の加藤と励まし合いながらひたすら筋トレをしていました。
徐々に筋肉に興味がわいてきたので、筋肉について調べることにしました。

もっと筋肉がほしい。
もっともっと筋肉のことを知りたい。
もう、日々、筋肉のことしか考えなくなりました。

筋肉はトレーニングだけではなく、栄養、休息も必要とします。筋肉がどのタイミングでどのような栄養を必要としているのか、筋肉が休むのにはどのくらいの時間が必要か、どうすれば筋肉を効率的に休ませることができるか、どのトレーニングがどこの筋肉を刺激するのか。
今では、去年までとは比べられないほど筋肉についての知識を得ました。

チームの選手の筋肉はもちろん、試合をする際には相手チームの選手の筋肉を確認してしまいます。更には、街を歩いている際に、すれ違う人の筋肉までも見るようになってしまいました。
ここまできてしまい、我ながら自分が気持ち悪いです。

ちなみに、私の好きな筋肉は広背筋です。
胸や腕の筋肉、足の筋肉などは、もちろん魅力的ではありますが、やはり、男は背中に限ります。
普段は口ばかりが動いている私ですが、来年には背中で語るような選手になることが目標です。


筋肉は一日や二日、いや、一ヶ月や二ヶ月ではつきません。気が向いたときにちょこっと筋トレをしても、筋肉はつきません。筋肉がつきやすくなるようなサプリメントがあるとしても、ある程度栄養について理解していないと摂取しても無駄になってしまいます。甘えがあると筋肉はつきません。

筋肉は、栄養、休息についても理解した上で、継続的に、ストイックに、自分に厳しくトレーニングをした者のみに授けられるプレゼントです。

筋肉は嘘をつきません。
筋肉がある人は間違いなく努力をしています。悪い人はいません。
筋肉は努力の結晶です。

筋肉がある人を見ると、これらの過程まで見れて、とても尊敬します。本当にかっこいいです。私もトレーニングを頑張って、筋肉を育てていきたいと思います。

ここまで、筋肉について長々と語ってきましたが、私はB&W部ではありません。東京大学ラグビー部です。
夏合宿があけてまもなく対抗戦が始まります。9月8日。初戦の学習院戦。ここで勝利することを第一の目標にチームは本気で戦っています。プレーをできていないことは残念ですが、全力で応援していきます。

練習ができない私は、学習院戦までに、バリバリ筋トレをして、筋肉をつけて、体重を80キロに乗せることを目標にします。

次は、同じく長期離脱を経験し、見事に肉体改造に成功し、フロントローへと精進した芹澤くんにお願いします。

東京大学ラグビー部3年
平松正大

新歓シーズン[ラグビー部リレー日記]

 written by 平松 正大投稿日時:2013/04/07(日) 23:49

こんにちは。
新3年の平松正大です。

更新が遅れてすみません。

4月に入り、ついに新歓が本格的に始まりました。新歓委員として、新歓に全力で取り組んでいます。
例年よりも多くの新入生に足を運んでいただき、嬉しく思います。
体験練習、飯おごり、花見など、毎日大変ではありますが、勧誘をする部員側も楽しんで元気に活動しております。

早くも二度目の新歓となりました。私がラグビー部の新歓を受けてからもう二年が経ちます。
一年のころ、三年生に勧誘していただいたときは、三年生からはなんというか大人の落ち着きを感じ、憧れていました。
今度は三年生として勧誘する側となります。もう、上級生です。

進学校の高校の部活動は6月頃に引退することが多いようです。3年の4月。高校だと引退も間近な時期となりました。ラグビーの、いや、東大ラグビー部の魅力を新入生に伝えるには十分な時間を過ごしてきたと思います。どんどん伝えてどんどん新入生を獲得していきたいです。

勧誘隊長の磯崎さんがおっしゃったように、まだ入部を決意してはいなくてもラグビー部を候補に入れて考えてくれている人たちをいかに取り込むか、が大事です。
だから、勧誘を決して怠ってはいけません。むしろ、今まで以上に気を引き締めていきます。

私個人の意見ですが、雰囲気が気に入らないのであれば、たとえ少し興味があっても、その団体に入る必要はないと思います。
大学の四年間、恐らくほとんどの人が運動に本気で取り組むのも最後です。そうでなくても、四年間続ける、という点で考えると、やはり一番大事ことは、その部・サークルの雰囲気が自分にあっているかどうか、という点であると思うのです。
逆に、ある部・サークルの雰囲気が気に入ったのであれば、高校までの運動歴などは全く関係なく、大学からでもどんどん挑戦すべきです。実際、私はラグビーに惹かれた、というよりは東大ラグビー部に惹かれ、高校までは運動歴はなく、書道しかしたことがなかったのですが、始めることにしました。雰囲気が好きならできます。楽しいです。

これをもし見てくれた新入生がいたとしたら、自分の居心地の良い部活、またはサークルを見つけて、思いっきり楽しんでほしいと思います。
そのためにも焦らずにじっくり考えてください。入部を決める時期は人それぞれですが、4月の初旬に決めている人は少ないです。四年間をかけるので、本気で悩んでください。

ここまで長々と書いてきたのはこの部の雰囲気に自信があるからこそなのですが。雰囲気に加え、OBさんからの支援(部費は一切ありません)、トレーナーさん、マネージャーさん、コーチ(未経験者でも一から教えてくださります)、人工芝、部室にある大きな風呂、飯おごり、楽しい同期、先輩、後輩。
筋肉もつきます。就活でも有利です。
やる気さえあるのであれば、条件は揃っています。絶対に始めて損はないです。

是非是非気軽に遊びに来てください。

途中からは新入生へのメッセージとなりました。
とにかく新歓頑張ります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
次回は勧誘がとても上手な一つ下のゆりこちゃんが更新してくれるそうです。


東大ラグビー部3年
平松正大

ごめんなさい。[ラグビー部リレー日記]

 written by 平松 正大投稿日時:2012/10/09(火) 23:47


こんにちは。
2年の平松正大です。
ついに洛南高校出身も東大ラグビー部に自分も含め3人となり、桐朋高校、開成高校と並びました。ラグビー部のない高校ではありますが、いずれは最大派閥となることができるよう、来年からの新歓を同じく洛南出身の松田、藤堂と共に頑張っていきたいと思います。

前にリレー日記が回ってきたのは3月でしたが、それから春シーズン、夏合宿が終わり、ついに対抗戦シーズンとなりました。あっという間と言いたいところではありますが、正直とても長かったです。この春シーズン、夏合宿では何度かA戦に出場させていただき大変貴重な経験を積ませていただきました。課題は明確で、タックル、ディフェンス、ボディコントロールです。課題が分かっているにも関わらず、なかなか修正できず、目標としている低く前に出るタックルとは遠くかけ離れたタックルばかりで、試合の度に自分の力不足、技術不足を痛感させられました。

そのような状態のまま対抗戦シーズンに突入しました。怪我人の関係もあり、1戦目の上智戦ではリザーブに、2戦目の一橋戦、3戦目の武蔵戦ではスタメンに選んでいただきました。しかし、昨日の武蔵戦でも課題のディフェンスは相変わらずで、散々チームに迷惑をかけました。チームの代表としてスイカの11番をいただいたにも関わらず、他の14人がチームのために体を張り続ける中、自分は何もできず、足を引っ張るばかりでした。散々な内容で前半終了後にメンバー交代を告げられ、ベンチに戻りました。ベンチに戻ってからも前半の自分の不甲斐ないプレーの一つ一つを思い返しては情けなく思い、まわりの皆が全力で声を出してチーム一丸となって戦っている中、自分は悔しくて声を出すことさえもできず、ただただ試合をみていました。

試合は7対36で敗北。一番はじめに奪われたトライは間違いなく自分が抜かれたのが原因でした。あまりに無責任なディフェンス、本当に申し訳ないです。すみませんでした。

青山部長が試合後におっしゃった通り、少なくとも自分に関して言えば、やはりまだまだ練習が足りず、練習が足りていないから実力も足りていないのだと思います。

もう、本当に練習します。
すみませんでした。
迷惑をおかけました。
積ませていただいた貴重な経験、無駄にはしません。
頑張ります。

拙い文章を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。大変ネガティブな内容になってしまい、すみませんでした。
次回はラグビー部にいつも笑いを届けてくれる3年生の梶川さんにお願いします。

東大ラグビー部2年
平松 正大

 
次へ>>

アーカイブ

ブログ最新記事