ブログ 前原 一輝さんが書いた記事

恩師[ラグビー部リレー日記]

 written by 前原 一輝投稿日時:2019/04/15(月) 23:18

ほぼルームシェアをしている津田から受け取りました。3年生の前原です。















私はこれまでの人生、教師と理想的で良好な関係を築いたことは殆ど無い。それは私がよく学校をサボったり、課題を出さなかったり、授業態度が悪かったりするようなところにあると思う。しかしそんな私に、ラグビーを大学でも続けたいと思わせてくれた恩師がいる。







高校1年生の頃、ラグビー部の副顧問をつとめていた、中西先生という大学卒業したての新任教師(正確にはこの時には教員試験に合格していないため講師)だ。彼は愛知の名門春日丘高校で2年次はWTB、3年次はNo8としてオール愛知に選出され、その後中京大に進んでラグビーを続けた。高1の4月、175cm54kgだった私には、彼はとても大きく見え、目標になどなり得るべくもない、何か別の生き物のような感覚だった。







入部当初、我が一宮高校ラグビー部は部員不足のため、尾西高校と合同チームを組んでいた。1年間公式戦で一度も勝てなかった、そんな弱小チームだった。そんなチームに就任した彼は、入部したての私たち1年生12人に本気の眼差しで「お前らを花園に連れて行く。」と語った。そんな熱い心を持つ先生だった。







私は高1のはじめ、よく部活をサボった。入部動機も、当初予定していたサッカー部に嫌いな先輩がいたからという消極的な理由であった。部員数はたったの18人だったがそこでもレギュラーになれず、腐っていた。上手くなろうとか、強くなろうとかいう向上心も無かった。正直ラグビーが好きでは無かったし本気で辞めるつもりでいた。練習も適当にこなすだけ、怒られなければいいやという気持ちで過ごしていた。しかしある日のタックル練習で私がN先輩にビッグタックルをかましたとき、中西先生が「お前すげえな。あんなタックル今まで見たことねえよ。」と言ってくれた。それがやけに頭に残って、その日の練習では自分でも信じられないくらいタックルが決まった。その日から自分の中で何かがちょっと変わった気がした。 







次の試合、当然ベンチスタートだった私は後半からの出場となった。それまでの試合では何をすればいいのかも分からなかった。いざ出場の時が来ると、ずっと頭に残っていた中西先生の言葉が後押しとなり何発もタックルを決めることができた。自分でもビックリするくらいの出来だった。







次の日、試合反省ミーティングが視聴覚室で行われた。そこで彼は、まだレギュラーにもなってない私を指差して、チームに対し「こんなすげえタックルする奴オール愛知でも見たことねえよ。こんな凄い奴と一緒にプレー出来ることを誇りに思え。」と言った。勿論真意では無かっただろうが当時の私にはとても励みになる言葉だった。もっと頑張りたい、もっと上手くなりたいと初めて思えた。そして、中西先生に認めて欲しいという感情が私を駆り立てるようになった。彼は腐りかけて精神的に向上心のない馬鹿者に光を与えてくれたのだ。







彼は1年で違う高校に転任してしまったが、その後も厳しい練習への原動力はそこにあった。彼が持つ高校と試合をするときはいつも以上に燃えた。そんなことからいつのまにかラグビーが大好きになっていた。







高3の引退試合の相手は、奇しくも彼の持つ高校だった。成長した姿を見せたい一心で我武者羅に戦った。彼と同じNo8のポジションで、副将としての意地もあり3トライをあげた。試合後挨拶に伺うと、「強えな。」と一言。涙が溢れて止まらなかった。そして、「大学でも続けろよ。」と。私は頷いた。私は今彼との約束を果たすため東大ラグビー部にいる。そして、彼はいつしか目標となっていた。4年間を終え卒業した時に、彼を超えたと胸を張って言えるように。







彼から学んだことは多すぎて書ききれないが、高校までなんの努力もしてこなかった私に努力の大切さを教えてくれた。そして、この人について行きたい、この人に認められたいという存在が人間の成長にとっていかに大事かを教えてくれた。私もいつか誰かに、そんな形で影響を与えられるような人間になりたい。柄にもなく真面目な文章ですみません。















次はドゥッシャー吉村の芸名で活動し、脳天破壊芸で一世を風靡した吉村に渡します。

怪我を乗り越えて[ラグビー部リレー日記]

 written by 前原 一輝投稿日時:2018/10/10(水) 13:39

肘の柔軟には人一倍気を使っている永山から紹介された前原です。

 



僕と同期の川端は長期DL生活を送っている。僕は右肩の怪我、川端は前十字靭帯の怪我だ。



思えば肩に支障なく全力でプレー出来たのは1年の夏合宿が最後かもしれない。今年の3月末に復帰したが、活躍しなければという気持ちがはやりすぎて無理をしてしまった。その結果手術を受ける程の怪我を負った。



入部当初は二人ともこのような部活人生を送るとは思ってもみなかっただろう。川端は部内で最もラグビー歴が長く、僕は夏合宿前にシニアに上がり早めに経験を積ませていただいた。しかし現在同期でスイカのジャージを着ていない者は僕ら二人を残すのみとなった。



だからこそ今シーズンの東大の躍進は手放しでは喜べずもどかしさや悔しさがどうしても勝ってしまう。しかし、それは決して負のエネルギーではなく、そのエネルギーをウエイトや戦術理解度向上に存分に費やすことで自分が成長出来るチャンスだと考えている。このチャンスを存分に生かし復帰後にチームに貢献したい。



次はラサール大石の愛称で皆から親しまれている大石さんに回します。

2年生紹介[ラグビー部リレー日記]

 written by 前原 一輝投稿日時:2018/05/27(日) 20:17

鋭いパスとチャーミングなキック処理が特徴的な鎌田さんからバトンを受け取りました。2年の前原です。




 

 

 




 

 

最初に、手短に私の近況を報告したいと思います。




 

 

私は今肩の怪我で故障者リストに入っており一刻と早く復帰しようと努めていました。しかしながら、このままリハビリを続けていても復帰が望めない為、肩関節不安定症を治す手術を決断しました。復帰には4~6ヶ月かかり、2年生の内にAのスタメンを取るという個人的に掲げた目標は厳しいものとなりそうですが、前向きに出来ることをこなしていきたいと思っています。この状況をポジティブに捉えると、これまでになかなか経験出来なかった挫折体験を学生時代に経験できることは非常に有意義な事だと思います。






 

次は迫力のあるアタックセンスと目の覚めるようなハイタックルでフィールドを沸かす濃野さんに回します。




 

 

 

個性と役割[ラグビー部リレー日記]

 written by 前原 一輝投稿日時:2017/08/06(日) 18:45

副主将としてチームを纏める憧れの先輩、萩原さんからバトンを受け取りました、1年の前原です。

いよいよ夏合宿が始まりました。私はドイツ研修のため、前半の山中湖合宿しか参加できませんが、自分の能力・スキルを限界まで高めていきたいと思っています。そして仲間たちと共に最高のチームを作り上げて行きたいです。

さて、先日『私の個人主義』という本を読みました。これは晩年夏目漱石が行った講演を記した本で、100年以上前の講演にも関わらず、現代に通ずる多くの卓越した知見を得ることが出来ます。その中で漱石は、現代日本では職の細分化・専門家が進み、自分の専門としない事柄は理解することさえ出来なくなるだろうと指摘していました。このことは日常の一コマを切り取っても、容易に頷くことができるでしょう。

では、ラグビーではどうでしょうか。現代ラグビーに於いては寧ろ、一様に大型化が進み、ポジション毎の個性や違いは小さくなっているように感じられます。このことは近年世界で活躍するウイングやセンターの選手を見れば明らかでしょう。

しかしながら、私個人としては、この潮流に逆行し、何か一つのことを極限まで高めていけるプレーヤーになりたいと思います。自分の強みを生かし、自分に与えられた役割としてチームに貢献することがチームスポーツの究極であるラグビーにとって最も重要だと考えるからです。そして、その強みを見つけることも、この合宿での大きな課題だと思っています。

次は、そのあだ名からもネットリテラシーの高さが伺える城戸さんにバトンを回したいと思います。

2019年9月

<<前月翌月>>
2019/09/16(月) 19:57
いろんな世界
2019/09/14(土) 13:03
一事が万事
2019/09/11(水) 14:04
ベスト
2019/09/09(月) 19:35
下剋上
2019/09/07(土) 18:53
いよいよ対抗戦
2019/09/04(水) 23:28
宿命
2019/09/01(日) 22:10
未知の領域

アーカイブ

ブログ最新記事