ブログ 松井 大岳さんが書いた記事

次へ>>

[ラグビー部リレー日記]

 written by 松井 大岳投稿日時:2020/05/07(木) 20:36

いつも頼らせて貰っている二年スタッフ軍団の一員である河野から紹介いただきました、四年の松井です。

 

 私は今年度東大ラグビー部の「チームビルディング長」です。

 しかしながら最近は専らオンラインで行う様々な企画の練り込み、実践とフィードバックを繰り返しているため「プロデューサー」と言った方が違和感がありません。自粛期間が長引いている今、私の使命はオンラインでできる"チームビルディング"をひたすら考えることです。

 

 さて、「チームビルディング」とは言葉の通り「組織づくり」を指します。「組織」は種類や構成(人数や役など)、などの要素がとてもたくさんあるため「組織づくり」に対する認識には個人差がありますが、つまるところ組織内のチームワークを育むというものです。1+1=100にする仕事です(「ノーサイドゲーム」参照)。例えば特性や出自が違う人々が一堂に会す企業では質の高いコミュニケーションを取らなければならないためチームビルディングが必要です。特に現代社会では企業のみならず組織全般に必要な要素です。

 「チームビルディング」という言葉自体ラグビー人気の向上と共に耳にする機会が増えましたが、それは競技特性上あらゆる局面でコミュニケーションや共通意識が”超”重要視されるラグビーと結びつきが強いためです。特に海外出身の選手が多いナショナルチームやメンバーの入れ替わりが激しい学生スポーツには不可欠です。

 

 では、一年でメンバーの4分の1が入れ替り、首脳陣も変わり、全国各地で例外なくカリカリ勉強していて入部時は殆どつながりの無い人たちが「対抗戦」というレベルの高い場所でラグビーする東京大学ラグビー部にはどのようなチームビルディングが必要でしょうか?

 私達は確固とした「軸」を持つことが不可欠だという結論に至りました。その「軸」とは100年の歴史から自然に導かれる東大ラグビー部の精神そのもの。自分の弱さと向き合い、ひたむきに努力をし、仲間とともに自分より強い相手に立ち向かうこと。この努力と勇気に触れた人が自分も頑張ろうと思える存在へ。これが東大ラグビー部の歴史が要請する我々の使命です。

そして今年の私たちの「目標」つまり可視化された「軸」は「入れ替え戦出場」。そこに「学生主体」という手段で挑むことを心に決めました。目標からすべきことを逆算し、戦術チームや練習チーム、広報チームやメディカルチームなど(今年度新歓パンフレット参照)様々なチームが学生リーダーを中心に1番の近道だと思うものを自分たちで選択してきました。

 

 このまま対抗戦を全力で戦いたい。しかし、今年の対抗戦が無くなってしまうかも知れません。これだけはどうしようもありません。

 対抗戦を失うとは「目標」を失うことです。するとチームに所属する意味は無くなりチームは瓦解していく…と思うのは大間違いです。そんなことは絶対にありません。

 私達には100年前から紡がれてきた「軸」があります。仲間を信じて全力でこの逆境に挑む使命があります。だから如何なる状況でも全力で闘えます。

 

全力でプロデューサーやります。

 

 幸運なことに今年はこの状況でも四年生はとてもリーダーシップを発揮し、主体的に活動してくれる後輩も沢山いて、物凄く心強い味方に囲まれています。今はバラバラでそれぞれ部員を囲む環境は違いますが皆を信じて、次に集合できるときまでに少しでも強くなろう。この逆境に打ち勝とう。

 

 

 次は溢れ返る素質を持つ巨人、笹俣にバトンを回します。

責任[ラグビー部リレー日記]

 written by 松井 大岳投稿日時:2019/11/11(月) 17:58

 一年生の河内からバトンを受け取りました松井です。



 彼は仲間想いの素晴らしい人間です。また決めたことはやり切ろうという意志に溢れています。本当に彼の勧誘を頑張ってよかった。個々の仲間意識や意志はチームを強くすると思います。来年もチームに良い風を吹かしてくれるよう期待しています。



 対抗戦シーズン、五試合が経過しました。去年を超えるプレッシャーがありましたがそれを超えていく楽しさがあり意気揚々と日々を過ごして…と三戦目くらいからリレー日記を書いてきた矢先、六戦目の立教戦の直前に怪我をしてチームに迷惑を掛けてしまいました。残る挽回のチャンスは一橋戦と名古屋戦、京都戦です。



 



 忘れもしないシーズンが始まった頃の面談で僕は四年生に対して「ラストイヤーだと思ってやり切る」と言いました。充実しなかった高校の三年間を大学の四年間で繰り返さないようにするためでしたが、春シーズンからたった今にかけてこの言葉の重さ、難しさを実感し続けています。



 現在三年生は四年生になるにあたって準備をしていますが、ラストイヤーを生きる四年生の抱える責任は想像もつかないくらい大きいことを確信しました。つまり現在三年生の自分の理解が届く範囲で結果を受け入れて、その範囲で頑張るだけでは四年生と"共に"闘えずに終わってしまう恐れがあるという事です。青山監督に今年のチームは弱いとはっきり言われた時、対抗戦緒戦で負けた時、シーズン初頭かそれより前からチームの事を一番考えてきた四年生が何を思ったかなんて自分の想像の範疇に収まる筈がないと思うのです。



 だからチームがピンチのとき、様々な思いを胸に引っ張ろうとしてくれる四年生を信じて、邪念は捨てて(当時は「無感情で」と表現しましたが)出せる最大限の力でチームを支えることが、走ることが、タックルにいくことが下の学年である自分の責任だと思いました。



 



「ラストイヤーだと思ってやり切る」この言葉に後悔はありません。これについて考え続けたことで今の自分がやるべきことを考えられましたし、来年下の学年と共に闘う難しさも実感できました。



述べた責任を全うすることが僕の挑戦であり、意志を行動にし続ける修行でもあります。頑張ろうと思います。



 



次は河内と同じく、あらゆる時間を削りに削って手とか震えながら返信を考えて勧誘した新入生の1人、谷田にバトンを回します。グラウンドではプレーヤーよりも意識高くジョグし水を提供してくれ、勉強も怠らない彼女もまたチームの勝利に欠かせない存在です。

感謝[ラグビー部リレー日記]

 written by 松井 大岳投稿日時:2019/03/19(火) 19:36

麻雀が上手すぎて雀鬼と呼ばれる松本からバトンを受け取りました。3年の松井です。



 



 いつの間にか「なんでラグビーをしてるの?」という問いに「好きだから」と心から答えられるようになっていました。同期をはじめ周りのお陰です。



 もちろんそこには部活関係者以外も含まれます。 僕は父親と二人で暮らしていますが、朝ご飯、部活後の弁当、ウエイト後の夜ご飯、腹減ったと言えば夜食まで作ってくれる父親のおかげで体重は80kgに乗りました。感謝し切れません。



 また、春休みなので先輩にご飯を食べに連れて行ってもらう機会が多く有難い限りです。



 



 僕は幼稚園では遊具を陣取る悪党でしたが感謝出来る人になれたのでしょうか。この年まで自分を見守りながら成長させてくれた家族、小中高と長い間関わってくれた幼馴染、あまりにも恵まれた環境で様々なことを経験しました。神戸を出て車で東京に来てから丸2年が経ちます。そろそろここでも責任を感じるようになり、人との信頼関係も深くなりました。これから現れる壁はその人達と協力して超えます。



 



部は今、上を目指して頑張ることが出来るチームです。数々の先輩が遺され積み上げられたものもあります。今年に限らず、来年も再来年もこれから加わる新しい後輩とも共に、東大ラグビー部員の総力をかけて勝ちに行きます。



 



自分らしからず面白味の無い事を書きました。あ、虎之助の事ですか?彼は幼馴染でズッ友です。お前には言ってない。僕は実力という言葉が好きなので実力のある彼を尊敬しています。お前には言ってない。まあ僕も14年ラグビーしていれば彼よりは上手かったことでしょう。



 



次は2年生の中でも特別明るい今塩屋にバトンを回します。




 

正しい選択[ラグビー部リレー日記]

 written by 松井 大岳投稿日時:2018/09/07(金) 20:28

普段はさておき試合になると身体中を痛めながら果敢に敵を止めに行く本田からバトンを受け取りました松井です。



 



 



先日の会報での寄稿で色々と書いてしまったのですが、合宿を終え、対抗戦初戦の直前ということで思うことを綴ります。



 



合宿では去年と全く違い練習には全て参加し、試合経験も多く積みました。ラグビー以外の事は考えなくてよいのでそれまで何となく積み上げてきた技術なども整理でき着実に成長しました。当たり前ですが課題も見つかりました。合宿中盤で二試合目にもなると易く満身創痍になってしまいました。隣にいる矢野はピンピンとしているのに。経験不足が原因だと踏んでいます。これから試合を重ねて行くにつれて慣れていくことを期待しています。しかしながら、最近は特に満身創痍です。選手の数が少なく、下っ端ながら勝手に責任を感じ、怪我を抱えてプレーしてしまうのですが、果たしてこれが本当にチームのためになるのか。結局ガタがきて腰を痛めてしまいました。お世話になった四年生とこのチームの力に少しでもなるために都度熟考して良い選択をしていけるようにします。



 



 



次は出会った人全員に優しいと言わせる仏の角田さんにバトンを回します。

新しい環境[ラグビー部リレー日記]

 written by 松井 大岳投稿日時:2018/04/08(日) 13:18

大平さんからバトンを受け取りました松井です。
僕は「あやのさん」ではなく必ず「大平さん」と呼ぶようにしています。強いこだわりがあります。

怪我がようやく完全に治り新たな一年がスタートしました。チーム体制はガラッと変わりましたし後輩も入って来ます。
主観ですが自分は去年でちゃんと成長できました。心も強く、大人になりました。これからも伸び代を信じて目の前の課題を乗り越えていく事につきます。

あと一ヶ月ほどで二十歳になるのですが目標は、「オシャレ」にします。

バトンは中須秀鳳さんにまわします。しゅうほうさんは「しゅうほうさん」と呼ばせてもらっています。
次へ>>

2020年8月

<<前月翌月>>
2020/08/02(日) 19:19
三鷹寮ガイド
2020/08/02(日) 12:10
有言実行

アーカイブ

ブログ最新記事