ブログ 後藤 達哉さんが書いた記事

次へ>>

野獣さ[ラグビー部リレー日記]

 written by 後藤 達哉投稿日時:2022/05/28(土) 20:02

二宮からバトンを受け取りました4年の後藤です。にのは、最近アジリティの練習で、「後藤さんのこといじめてしまってすみません」と煽られました。この借りはいつか返します。

最近まで新歓期間のため、たくさんの一年生と接する機会がありました。そして、たくさんの新入部員を迎えることができました。そこで、自分が一年生の頃何を考えてラグビーをやっていたか振り返りました。始めた   Q理由は、コンタクトスポーツをやってみたかったからという軽い気持ちでした。ラグビーをやっていくうちにラグビーにどっぷりはまっていく感覚がありました。特に初めて試合に出た時、アドレナリンが大量に出て、激しいコンタクトがあっても痛くない変な状態を味わったのを覚えています。
一年生の頃の自分が出場している試合を見たとき、ラグビーのルールすらそこまで知らないのにがむしゃらに楕円球を追いかける自分の姿に少し感動しました。今の自分と比べて、強くもないしスキルがあるわけではないけれど、野獣のような恐ろしさがありました。当時の私は、試合中、ボールを持ったら前にいるDFを吹き飛ばすことしか考えていなかったし、DFではキャリアを仰向けにすることしか考えていませんでした。逆にそれしか知らなかったです。三年間経って、ラグビーについて色々経験を重ねることで、80分出場するためにサボることを覚えてしまいました。そのせいで、私のかつての野獣さが薄れていると思います。ここで大反省します。私は、頭がおかしいと相手に怖がられるような選手を目指します。人は安定や安全を好み、気がついたらそっちに流れてしまうものなので、その時は一年生の頃の自分の動画を見て、奮い立たせます。そして春シーズンはもう少しなので、絶対勝利にこだわっていきます。

次は2年の磯崎にバトンを渡します。彼は練習後に頑なにシャワーを浴びないのですが、夏場どうするのか気になります。できれば本当にお願いなので浴びて欲しいです。
 

リーチマイケル[ラグビー部リレー日記]

 written by 後藤 達哉投稿日時:2021/11/12(金) 22:57

二年の池田からバトンを受け取りました三年の後藤です。池田は僕が出たYoutubeを見て入部を決めてくれたと聞いてから、とても肩入れしている後輩です。ちなみに、僕がワンピースを読んだことないだけでガリ勉いじりしてくる数少ない後輩でもあります。暇な時間にワンピースを読破しようと思います。

先日学習院大学に僅差で負けました。僕はレフリーがノーサイドの笛を吹いた瞬間、現実に何が起こったか理解できませんでした。整列し、挨拶を終えてもなぜか悔しさを感じませんでした。人生で初めて放心状態に陥ったのです。コーチやキャプテンの話も全く頭に入ってはきませんでした。その後、相手チームが喜び写真を撮り、おそらく祝勝会のためであろうOBからのカンパを受け取っているときに初めて悔しさが滲み出てきました。あとほんの少しで私たちは向こう側だったのです。仲間と涙を流し、勝利の喜びを共有していたかもしれません。上智戦の勝利よりももっとおおきな喜びを得ていたのかもしれません。OBからカンパをいただき、美味しいご飯を食べられたのかもしれません。そう思ったら涙がとまりませんでした。そこから数日間あまり眠れませんでした。何をしていてもどうして負けたのか考えてしまっていたからです。こんな思いはしたくないので、何を変えたらいいか考えました。そこで以前試合に負けた際、大西コーチが仰っていた「この試合リーチマイケルが1人いたらこの結果だったと思うか」という言葉を思い出しました。その時は、リーチレベルのラグビープレイヤーがいたらどうなるかという意味だと捉えていました。しかし、本当の意味は、リーチほどのリーダーシップのある選手がいたら試合はガラッと変わっていたのではないかという意味だとわかりました。それからリーチのプレーを徹底的に見るようにしました。彼は、ATで自分がボールを持ったら責任を持って前に進み続ける、DFでは絶対に自分がタックルしたら1cmでも前に進ませない、そんなプレーでチームを引っ張るキャプテンでした。日本語がそこまで上手くないのにJAPANのキャプテンをやっていた理由がわかりました。彼を見習って、自分の関与するプレーに責任を持つことから意識しようと考えました。他の味方のプレーのことを考えることも大切ですが、まずは自分にfocusします。そして、次の武蔵戦からは東大のリーチマイケルとして責任感のあるプレーをして、絶対に勝利したいです。

次は、将来有望な一年生である塩谷にバトンを渡します。彼は、未経験かつ野球経験者で僕と全く同じ境遇であるためとても期待しています。未経験は、怪我をしないことが何よりも大切なのでコンディショニングを一番頑張ってください
 

地球がやばい[ラグビー部リレー日記]

 written by 後藤 達哉投稿日時:2021/06/14(月) 00:34

同期の三方からバトンを受け取りました、三年の後藤です。一年生の時はウイング志望だったのに、気がついたらフランカーをやっていて、あれよあれよと言う間にフロントになっていました。フロントとしては大先輩である三方からスクラムの技術を盗んで追い越します。

私は環境問題に興味があり、それに関する興味深い本を読んだのでその本の内容について書きます。『地球に住めなくなる日』という本で、電車の広告などで一度は目にしたことがあると思います。まとめると気候変動を甘くみている地球人に対し警鐘を鳴らすという内容である。私たちは気候変動ないし地球温暖化に対して危機感を持ったフリをしている部分がある。地球が温暖化するのは怖いことだという恐怖感はあるが、実際何度上昇したら地球がどうなるかどんな弊害が出るのかを多くの人は知らない。地球上では大量絶滅が5回起きていて、小惑星による恐竜絶滅以外の4回は温室効果ガスが引き起こした気候変動によるものである。そして、現在大量絶滅の時の少なくとも10倍の勢いで二酸化炭素を放出している。この本では、もっと具体的な未来予想をしている。詳しい内容は是非本を読んでほしい。私たちが生きている間に地球が住めなくなるとは考えにくいが何世代もあとに負の遺産を残していることは明らかである。未来の気候変動を決めるのは、人知の及ばない何かではなく、人間の活動であるので、私たちは各々が責任を持って問題解決に挑む必要がある。私はその地球人の一人として、自分ができることから変えていきたい。

次は同期スタッフのエノキこと榎園にバトンを渡します。彼女は、凛とした風貌にも関わらず天然なところがあり、いつもみんなに笑いを届けてくれます。
 

モチベーション[ラグビー部リレー日記]

 written by 後藤 達哉投稿日時:2020/09/17(木) 23:07

モチベーション

プレイヤーが練習中にちょっとした怪我をした時にすぐに駆け寄ってきてくれる鈴音さんからバトンを受け取りました二年の後藤です。僕も鈴音さんのおかげで悪化せずに済んだ怪我がいくつもあります。本当にありがとうございます。

辛い練習を乗り越えるための僕のモチベーションは大きく分けて二つあります。一つ目は、終わったら美味しいものをたべることです。最近はほぼ毎食自炊なので、ブランド牛を買ってすき焼きやステーキを食べることが多いです。麻婆豆腐にもはまっていて、豆腐を6丁ほど冷蔵庫に常備しています。
二つ目は、同期の知り合いや友人が活躍していることです。最近では、たまたま六大学野球を見ていたら、強豪相手にタイムリーを放ち、嬉しそうに拳を挙げる同期を目の当たりにして、自分ももっと頑張らなければいけないと感じました。その他にも、蹴球部で毎試合のようにゴールを決める友人や起業して学生では考えられないほどの利益をあげている友人もいます。周りに立派と認めてもらえるかわからないけれど、飲み会で必死に盛り上げることができる友人も僕は尊敬しています。
その他にもたくさんの尊敬できる友人がいて、ここに全て書くことはできませんが、そんな友人たちのおかげで僕は辛い練習や朝5時おきでも投げ出さず続けることができました。この場を借りて、感謝の気持ちを伝えたいです。

次は同期の岩下にバトンを渡します。どんな時もチームに癒しを与えてくれる彼を尊敬しています。
 

二郎ラーメン[ラグビー部リレー日記]

 written by 後藤 達哉投稿日時:2020/03/02(月) 11:13

卓越したパススキルを持つ垣内さんからバトンを受けとりました。僕はパスの上達が今年の目標なので、教えていただきたいです。基本的に無口な垣内さんですが、僕にはよく話しかけてくださるので嬉しいです。



特に書くことが思いつかなかったので、僕が大好きな二郎ラーメンについて話そうと思います。二郎ラーメンが大好きな人を通称ジロリアンと呼ぶのですが、彼らのようにいろいろな二郎の店に行ったことがあるわけではありません。ただ神保町の二郎を愛しています。

 僕が初めて二郎に行ったのは浪人して半年ほど経った時でした。高校3年生で受験に失敗し、下宿して東京の御茶ノ水の駿台で浪人することにしました。始めは一生懸命勉強していて、ごはんの時間も勿体ないと思って、外食もほとんどせずに、朝は寮のご飯を、昼はスーパーで買った菓子パン、帰ってから寮の夕ご飯をたべるような生活をしていました。

当初、浪人したら友達はつくらない!と決めていた僕でしたが、一人暮らしの寂しさのあまり友達が欲しくなってしまいました。その時偶然、面白い集団と仲良くなることができました。その中には数人ジロリアンが紛れ込んでいました。

彼らに連れて行かれて、初めての二郎を体験することになりました。

まず驚いたのが行列の長さ。よく並ぶラーメン屋はありますが、その比ではありませんでした。1時間待ちは当たり前、2時間待つこともあります。

そして、よくわからない店のシステム。誰かが食べ終わって席が空いても、そこに座ることはできません。5,6人で1グループになっていて、全員が食べ終わるまで次のグループは入れません。僕にとっては何かアトラクションのように感じられました。席に座ってみると、全員が黙っていて、会話を楽しむ人はいませんでした。二郎のルールとして、黙ってたべる、食べたらすぐ出るという暗黙の了解があるようでした。少し待っていると、「3番の方、ニンニク入れますか?」と店主に聞かれました。席番号3番に座っていた僕は驚きつつ、友達から聞いた「ニンニク、ヤサイマシマシ、カラメで」とコールしました。

すると、ラーメン小を頼んだのにとてつもない大きさのラーメンが出てきました。ラーメンからは口では言い表せない、明らかに美味しいものの匂いがしました。上にあるモヤシを一口食べてみると、人生で味わったことのないモヤシの旨味を感じました。食べても食べてもなくならないモヤシをなんとか完食して、やっと麺が見えてきました。麺を食べると、もちもちとした食感で小麦のいい香りが広がりました。試しにチャーシューを食べると、とろけて口の中から無くなってしまいました。気づいた時にはラーメンはなくなっていました。この時から僕は二郎中毒になったのです。

大学でラグビー部に入ってからは、脂質を控えなければいけないのであまり行けませんが、長期オフの度に行っています。是非、興味がある方は僕と一緒に二郎にいきましょう!



次は、いつもかわいい顔でみんなを癒している津田さんにバトンを渡します。津田さんも僕と同じ未経験者ですが、ラグビー知識があり、分析能力があるので尊敬しています。



 
次へ>>

2022年9月

<<前月翌月>>
2022/09/28(水) 18:37
北の国ラグビーあるある
2022/09/26(月) 18:57
理想と現実
2022/09/25(日) 00:12
明日晴れるかな
2022/09/22(木) 11:00
どうしても文才が欲しい
2022/09/20(火) 20:06
卵かけご飯
2022/09/18(日) 17:50
初バイトの話
2022/09/16(金) 16:25
TRUST
2022/09/14(水) 19:00
earth meal feat. asmi
2022/09/12(月) 09:27
いけがみあきら
2022/09/08(木) 12:12
港に別れを告げろヨーソロー
2022/09/06(火) 14:51
I☆YOKOHAMA
2022/09/05(月) 00:50
挨拶一番
2022/09/03(土) 23:03
信じる

アーカイブ

ブログ最新記事