ブログ 谷田 朝香さんが書いた記事

ひかりふる路[ラグビー部リレー日記]

 written by 谷田 朝香投稿日時:2021/10/21(木) 17:54

 
 大きなくまさんというイメージがぴったりな吉田さんからバトンを受け取りました、3年スタッフの谷田です。思い返せば吉田さんとは、1年生の頃食堂の前でラグビー部に入るよう熱心に勧めていただいたのが初めの印象で、その時から大きなくまさんというイメージはずっと変わりません。吉田さんにはラグビー部に入部するきっかけをいただいただけでなく、コロナ前は遊びに連れて行ってもらったことも多く、いろんな点において感謝でいっぱいです。


 今回は、何について書くか決まっていない状態で筆を執っています。4年生の引退前に回ってくる最後のリレー日記なので、4年生について書きたいとは思いつつ、なんせシーズン真最中であまり締めくくるような文を書くのもなあ…という感じでうだうだしていたら締め切り期限が迫ってきてしまいました。4年生一人ひとりにメッセージを書くのもいいのですが冗長になってしまいそうなので、今回は本題とは別に、4年生全体に感謝の気持ちを述べるに留めたいと思います。
 同期と同じ3年という時間を共に過ごし、入部した頃はやりたい放題という印象の強い学年でしたが、全員が責任感の強いかっこいい4年生になったことがとても感慨深いです(どの目線やねんという感じですが)。それだけに、最近は4年生が引退するまであとたったの2ヶ月…全員留年すればいいのにという寂しい気持ちになっています。同期同然の存在で、ついつい舐めた態度をとってしまうことも多くなっていますが、それでも楽しく部活を運営してくださる4年生の皆さんにいつも感謝しています。スタッフの視点では、4年生にスタッフがいないからこそ、たくさんお気遣いをいただいています。ありがとうございます。あと2ヶ月、一緒に頑張りましょう。
 
 本題に入ろうと思います。
 今回は、少し前に三方が埼玉県、その前にかわはるが大分県について書いていたこともあり、私は宝塚市について書きたいと思います(なぜ兵庫県ではないのかというと、これは兵庫県民あるある(だと私は思っているの)ですが、兵庫県そのものについて大した思い入れはないからです。大阪府に近くアイデンティティを創出しづらいことが原因かもしれません。)
 宝塚市といえば、小林一三なしには語れません。皆さんはご存知でしょうか。親しみやすいところで言えば、かの有名な松岡修造のひいお爺さんです。そして、阪急阪神東宝グループ、宝塚歌劇団の創始者で、後に商工大臣や国務大臣などを歴任しました。現在では一般的となっている電車の中吊り広告や住宅のローン販売、電車の駅・百貨店の併設などを始めた人でもあります。恥ずかしながら、彼の宝塚歌劇団以外の経歴については東大の授業でつい最近知ったばかりです。日本の経済にここまで貢献した人だとは驚きました。すごいですよね。
 そして彼が創ってくれた宝塚市では、宝塚大劇場がある市というだけに、宝塚歌劇団がとても身近なものとしてありました。まず、宝塚歌劇団を目指す女子がとても多いです。私の周りではバレエを習っている人が大量にいましたし、かくいう私もその一員でした。私が通っていたバレエスクールは、宝塚歌劇団で振付家をされている方が主宰されていました。元男役ということもあり気品あふれるかっこいい方でした。その恩恵か発表会のメイクをタカラジェンヌにしてもらえたり、宝塚歌劇場の一部のホールで発表会をさせてもらえたり、日本各地から宝塚歌劇団を目指すお姉様方がレッスンを受けにいらっしゃったりしていました。後から聞いた話では、学校帰りに新幹線で通ってきていた人もいたようです。そんな風にして一緒にレッスンを受けていたお姉さまたちがいつの間にか宝塚歌劇団に名を連ねていた、なんてこともしばしばです。また、街中をタカラジェンヌが歩いているのをよく見かけます。彼女たちは本当にすごいのです。一般人に紛れて、私服で、髪も一般人のようにセットしているのに、一目見ただけでタカラジェンヌだとわかる動作の美しさ、スタイル、気品、オーラがあります。そんな女性になりたいものです。さらに、ほとんどの公立中学校が、校外学習として宝塚歌劇を鑑賞します。その中で宝塚歌劇にハマる人も続出していました。こんなにも身近に、宝塚歌劇団という素晴らしいものがあることをありがたく思います。
 小林一三に話を戻しますが、私が思う彼のすごいところは、その創造力と先見の明です。彼が創設した阪急電鉄の車内には、宝塚歌劇団や阪急グループが開発した住宅地の中吊り広告があります。阪急大阪梅田駅には、阪急百貨店が併設されていて、訪れた人々は、まず元気なお昼頃に最上階で食事をして、だんだん下に降りながら買い物をして、最後に阪急電車で帰っていきます (シャワー効果というらしいです)。鉄道建設に付随して、近隣の住宅地を一体的に開発するビジネスモデルは、かの有名な桃太郎電鉄のモデルでもあります。こんな感じで、彼の創り出したアイディアの全てに一貫性があり、それぞれが相乗効果を持っており、現在まで定石として受け継がれています。今思えば、私の高校生までの日常生活の大半は、彼にルーツを持つものに囲まれていたようです。私も彼のような発想力があれば、将来の生き方について悩むこともなかったのだろうなと思わずにはいられません。死ぬまでに後世に残るようなでかいアイディアを生み出したいものです。
 ちなみに、小林一家には、松岡修造だけでなく、元宝塚歌劇団員も何人かいれば、血縁ではないですがサントリー創業者の鳥井信治郎もいます。まさに華麗なる一族ですよね。余談ですが、小林一三は山梨県出身らしいです。複雑な気持ちです。

 ここまでだらだらと地元(というよりは小林一三)の紹介をしてしまいました。宝塚市には他にも良いところがいっぱいあります。例えば、手塚治虫記念館もあるし、山田哲人の母校も宝塚市です。ちょっとした古墳もあります。もちろん阪急沿線なので、大阪や京都へのアクセスもいいです。
 こんな風に紹介したからと言って宝塚市にわざわざくる人はいないので、この辺にしておこうと思います。お付き合いいただきありがとうございました。

 次はラグビー部の縁の下の力持ちの垣内さんにバトンを渡します。垣内さんは超有能プログラマーで仕事をさらっとやってのけてしまうので本当に凄いです。人見知りでたくさん話すわけではないのに私含めあらゆる方面から人気を獲得しているのも凄いなと思います。あとめちゃくちゃスタイルがいいのも凄いです。私の母が1人目に覚えたラグビー部員はおそらく、「めっちゃスタイルいいSH」の垣内さんです。ぜひ後2ヶ月でさらに仲良くなりたいです。
 

自動販売機[ラグビー部リレー日記]

 written by 谷田 朝香投稿日時:2021/04/30(金) 14:08

杉井からバトンを受け取りました、3年スタッフの谷田朝香です。

彼のえも言われぬ愛嬌にはいつも癒してもらっています。そんな杉井がついに上級生としてかっこいい人になろうとしていると思うと感慨深いです。彼は褒め上手でもあるので、ぜひ新入生にもジェントルマンとして人気が出ればいいなと思います。


私は今シーズンから、新歓委員としてラグビー部の新歓に携わることとなりました。その経験を経て、新入生がそろそろ入部してきてチームが過渡期にある今、スタッフとしても思うことを綴っておこうと思います。

今年度の新歓委員は、新歓代表の北野さんを筆頭に、3年が杉井・國枝・榎園・谷田、2年が関戸・池田というメンバーになっています。
そして、現在の新歓状況は、入部確定者が10名(うちSTAFF3名)となっています。これだと少なく見えるのですが、実際は入部を決めた新入生で自主的に発足したL I N Eグループなるものにはもっと参加者がいるようなので、入部者はまだまだ増えるものだと期待しております。
昨年はコロナ拡大により対面新歓が全て中止になったため、新歓委員の方たちが大変な苦労を重ねて10人弱の新入生を獲得してくれたわけですが、それに比べると今年は苦労が少なかったのだろうと感じます。対面新歓を行うことができたし、未曾有の事態であった昨年に比べればコロナ関連の対応にもだいぶ慣れてきました。すなわち、私は苦労少なくやりがいを得ることができているというわけです。
それでも、新歓は部全体に関わる重大な責任のある仕事であるうえ、東大ラグビー部の外の世界に対して積極的に働きかける必要があるため、臨機応変な対応や創造性を要する大変な仕事であります。そして新歓委員は、それに耐えうるすばらしい組織であり、感銘を受けました。
例えば、私と同じく今年からの参戦となった2年の関戸と池田は、イベント企画提案に関する積極性を見せ、ミーティングで次々に意見を発言していました。さらに、定常的に重要事項の指摘や部全体への情報発信を行い、入部から半年とは思えないほど頼りになる姿を見せてくれました。去年から引き続き新歓委員である杉井・國枝・榎園は、昨年培ったノウハウを生かして新歓を引っ張ってくれ、その有能ぶりに尊敬が止まりませんでした。代表の北野さんは後輩が意見しやすい環境を作り、それらを柔軟に取り入れてくださいました。また、新歓委員のLINEでは誰かが発言すれば必ず誰か(しかも複数)が反応し、仕事をすれば必ず「ありがとう」が返ってくる安心感がありました。


これが、私にとっては理想のラグビー部であるような気がしています。特に最近常々感じていて何度か発言したこともありますが、ラグビーで強くなる第一歩は、組織として強くなることだと思います。首脳陣からだけではなく下級生を含む全員が、部に貢献する姿勢を見せ、それを見て周りが触発されて高め合う。自分に見えている姿だけじゃなくて、見えない努力を思いやって感謝する。それだけで、各々の努力に対する効用が爆上がり、ひいては組織そのものの質が高まることにつながります。人への思いやりなんて、と言い張る人もいるかもしれませんが、効率主義をとってもきっと、結局思いやりは欠かせないものであるはずです。
私たちスタッフも、当然、チームの一員としてチームに対する意見を持っています。プレーそのものに直接関与することができない分、プレー外の組織特性をより明確に感じ取っているからこそ思うところが本当にいろいろあります。昨年、スタッフの人数が多く、実行できうる全ての仕事を自発的にしていましたが、それによってどうやら選手の自動販売機になってしまったようだ、と感じることがたまにあります。そして、私たちの自動販売機化は、チームを組織として弱くしてしまうと感じるので、そうならないようにも上記のような部になればいいなと思います。


次は、あきらにバトンを渡します。彼は、とてつもない量の仕事をこなしてくれていますが、朝部室に行くと大体音楽を流して鼻歌を歌っていたり、よくわからないことでなんだか嬉しそうだったりと、なかなかに陽気で話していて楽しいです。

子供心と秋の空[ラグビー部リレー日記]

 written by 谷田 朝香投稿日時:2020/10/26(月) 17:30


榎園からバトンをもらいました、
2年スタッフの谷田です。

えのきはいつも、落ち着いて周りをよくみている印象なので、リレー日記を読んで少し驚きました。彼女の感情の機微にも気づけるよういっそう仲を深めていきたいです。



あと1ヶ月も経たないうちに、20歳を迎えようとしています。あまり実感が湧かないけれど、いつまでも子供なのか大人なのかどっちつかずな気持ちで過ごす日々を考えたら、非常に重要な人生の節目なのでしょう。

でも、なにが変わんねん。そうとも思うのです。同期にはたくさん成人がいますが、彼らと話していると確かに(法的には)あるはずの「子供」と「大人」の差が、あるとはおもえないのです。だからといって、両親やOBの方々など大学生活の中で関わることのある「大人」を見ると、まるで自分とは別人種であるかのような、そこに大きな壁があるかのような、そんな気持ちになるのです。
一体なにが、私を大人にするのでしょう。「20歳」という数字ではないはずです。2022年には成人の年齢が18歳になってしまうことを考えると、1820もただの数字であるように思えます。しかし、まがりなりにも成人を迎えるのだから、「大人になる」ことを考え、節目らしく決意新たに20歳を迎えたいと、そう思うのです。

私は子供でしょうか。
先日、幼稚園児とふれあう機会がありました。彼らは、なんでも楽しい世界に生きているように見えます。ボールが転がれば笑い転げ、地面の石にも面白さを見つけ出す才能があります。私はそんな才能を失ってしまった、だから子供ではなくなってしまったと感じます。あまりに陳腐な見方ではあるけれど、子供ではなくなるということは、成長云々ではなく、子供心を失ってしまうということだと、その意味で実は、世界で1番なりたくないものは「大人」なのだと憂いてしまいます。

私は秋が好きです。毎年夏が終わりに近づくと、秋の訪れに心が高鳴ります。どうして好きなのかはわかりません。自分が生まれた季節だからなのか、過ごしやすい時期だからなのか、ご飯が美味しい時期だからなのか。小さくとも理由はたくさんあると思います。ただ、1番好きなのは秋の空です。近頃は、朝練前に空を見上げながら歩いています。晴れの日はどこまでも青が澄み渡り、雨の日は秋の香りを深め、朝夕には燃えるような赤に染まり、ころころといろんな魅力を見せてくれますよね。子供の頃からの毎年の楽しみです。
しかし、それ以外の物事に関しては、心の動きが鈍くなってしまったように感じます。小さい頃は大好きだったパンジーをみても、「あ、パンジー」としか思わなくなってしまいました。そんな時にふと、自分が子供心を失ってしまったことに気付かされます。小さなことに感じる幸せを、大人に近づくとともに奪われていってしまっているように感じるのです。身の周りのちゃんと見れば楽しめるはずのものに、気づかなくなってしまいました。人間は失うものだから、今楽しめることを楽しむ、そんな子供心まで失ってしまっては、失った物を数えるばかりの大人になってしまいそうです。

だから、私は大人にはなりたくありません。仕事に忙殺されて苦しみに生きる人生は送りたくないです。20歳を迎えることで生じる責任は全うするつもりでありますが、失った子供心をもう一度育みたいです。それはもう子供心とは言えないのかもしれないけれど、つまりは秋の空をいつまでも好きだと感じられるような、心のゆとりのある生き方をしたいです。今の世の中では、余裕を持って楽しんで生きることは難しいのでしょうが、だからこそ身の回りにある、一見しょうもないかもしれない小さな楽しみを見逃さないようにしたいのです。
そんな大人になりたいとおもいます。

私のゆるゆるな決意文にお付き合いいただき、ありがとうございました。ゆるゆるな割には短くまとめられた気がします。



次は、どんどん頼もしくなっている内藤にバトンを渡します。努力を怠らず魅力を増し続ける彼を心から尊敬しています。
 

虹はかかるか[ラグビー部リレー日記]

 written by 谷田 朝香投稿日時:2020/06/01(月) 18:05

愛され部長の藤井さんからバトンを受け取りました、2年スタッフの谷田です。



藤井さんは、練習中は誠実さと熱意が止まる所を知らずかっこよく主将らしい印象ですが、普段は常にいじられており、行動の節々から人柄の良さが伝わってきて本当に慕わしいなあ、と感じています。藤井さんがオールスター戦に出場された時のスタンドの異常な盛り上がり方と見事ないじられっぷりは今でも忘れられません。私はいじっていません。すみません。











ようやく6月に入って新型コロナウィルス感染拡大が鎮静化の傾向を見せていますが、みなさんいかがお過ごしですか。長期間の自粛で退屈されている方も多いことと思います。



 そこで、私含め何人もの東大ラグビー部員が最近非常にはまっている、「Nizi Project」(略して虹プロ)を紹介したいと思います。これは、(2PMやTWICEなど様々な人気アーティストを輩出したことで知られるJYPエンターテインメントと、ソニーミュージックによる、共同ガールズグループ作成プロジェクトのことで、オーディション形式で個性という美しい光を放つ「虹」のような存在を発掘するというものです。要は、)才能で光り輝く可愛い女の子たちが躍動してアイドルになっていくという楽しい番組です。



 私は普段アイドルに関して、その性別に関わらずあまり積極的にファンになることはありません。家族や友達に強制的に布教されたもの(これも数的には少ないですが)を除けば、自分から好きになったのはTWICEだけだと思います。それがなぜ今回は虹プロにドハマりしたのかというと、同じJYPエンターテインメントがプロデュースしているということも関係しているかもしれませんが、他に2つほど理由があるような気がします。



 1つ目は、「ストーリーがある」という点です。集められた候補生たちはその実力に従い何度か選抜されていきますが、誰が選ばれるか、番組を見ながら一緒にドキドキすることができます。選抜の過程の一つ一つにたくさんのストーリーや夢への想いがあってとても感動します。また、新しいエピソードが毎週金曜日に更新されていくので、その日のために1週間頑張ろうという気持ちにさせてくれます。



 2つ目は、「登場人物のキラキラ度」です。なんだか悲しいような気持ちもしますが、虹プロに登場する女の子たちはほぼ全員年下です。それなのに、すでに夢に向かって努力を積み重ねていて本当に尊敬します。アイドルになるために自分に足りないものを補おうと努力を惜しまない姿はまぶしすぎるほどにキラキラしているのです。そのキラキラさが、彼女たちが持つ魅力に拍車をかけ、あまりの可愛さに絶句すると言う経験をすることができます。見ている人に幸せを与えられるという点ですでに彼女たちは真のアイドルである気がしますが、メンバーとして選抜されてこの子たちの努力が実ってほしい、夢を叶えてほしいと純粋に応援したくなります。



 これが私にとって「Nizi Project」が素晴らしい理由です。この文章を読んでくださった人々に、魅力が伝われば幸いです。久々にできた好きなものなので、あまりに熱く語りすぎてしまったような気もしますが、結局は努力している人は素晴らしいということなのでしょう。私にとって東大ラグビー部が素晴らしい理由も同じような感じです。みなさんも暇な時間があれば、「Nizi Project」を見てみてください。そして誰が好きか語り合いましょう。







 次は、なんだか愛嬌のある3年生の甲斐さんにバトンを渡します。嬉しそうに笑っていらっしゃるところを見るとほっこりした気持ちになるのですが、こんなことを言うと怪訝な顔をさせてしまいそうなので普段は黙っています。まだ多分キレられていないので大丈夫だと思って書いてみました。いじっていません。すみません。



 

迷い[ラグビー部リレー日記]

 written by 谷田 朝香投稿日時:2019/11/15(金) 11:59

 新歓期練習に来るよう誘ってくださった3年生の松井さんからバトンを受け取りました、1年生の谷田朝香です。松井さんは、試合中躊躇なくタックルに行く姿が非常に印象的です。

 対抗戦シーズンも終盤に近づき、残すところは一橋戦の一戦のみ。今年も勝利に向けチーム一丸となり練習に励みたいところである。そんな中、私はあることで悶々としている。

 先日から、来年度のスタッフセクション分けに向け、先々「どの仕事に専念していきたいか」を考え続けている。その問いに対する答えは、なんとなく夏合宿の時点で固まりつつあり勉強を続けてきたけれど、「本当にそれでいいのか?」という問いが自分の中に今でも残っている。なぜなら、これから4年間を通して東大ラグビー部に貢献していくために、最も自分にあった道がいまだにわからないからだ。この原因は自分の性質にある。もうすぐ19年になる人生の中で、私は自分の得意なこと、趣味、好きなことを聞かれるのが一番苦手だった。自分は何が得意なのか、何が好きなのかわからない。そんな、没個性的な性質が自分にはある。今まではそれでもなんとなく楽しく過ごしてこられたため、あまり深く考える必要もなかった。だが、東大に入学し新歓を受けると、自分のやりたいことがわからないものだから、様々な新歓を受けそもそも部活をプレーヤーとして選ぶのか、スタッフとして選ぶのかさえ決められずにいた。人生で初めて、自分のやりたいことや得意なことを考えるよう強いられ、途方に暮れていた。そんな迷い続ける心理状態が嫌で、楽な選択をしたくて、家族や友達の意見に喜んで流され、他の部活にプレーヤーとして入部することに決めようと思っていた。

 だが、軽い気持ちでのぞいてしまったラグビー部に余計に惑わされることになった。他の部が目の色を変えて勧誘しているのに対し、ラグビー部の先輩方は緩い感じで、純粋に楽しんで勧誘をしているようだった。こんなに楽しそうな人が集まった部活があるのかと衝撃だった。私もこの人たちと関わりたいと思った。だからといって、ラグビーは自分の得意なことでもなければ一番好きなことでもないようだった。ましてやプレーヤーとしての道を棄て、スタッフとして4年間活動していくことの厳しさは、周りの人が嫌という程忠告してくれていた。幾ら何でも、ただ楽しそう、部員の方々が好きというだけで4年間をそのような修羅の道に捧げることはないだろうと思った。それでも、ラグビー部の魅力は私を逃げさせてくれず、結局入部を決めた。散々迷って決めた入部で、この先後悔することがあっても仕方ないと諦観もあった決断だったが、実際この半年で入部を後悔したことはない。先ほど記述したような性質をもつ私にとっては、一つの物事に熱中できるほど幸せなことはない。

 心から楽しみ熱中できるものを与え続けてくださる部員の皆さんに恩返しがしたい。先日幕を下ろしたラグビーW杯、南アフリカが優勝した瞬間の南ア選手たちのように、東大ラグビー部の方々にも、4年間必死に努力してきてよかったと思える瞬間を迎えてほしい。そのために、スタッフである私も間接的にではあるけれどチームの強化に最大限の貢献ができるようになりたい。優秀なスタッフの上級生の足元に早く及びたい。でもそのために選ぶべき具体的な道に迷いを抱えている。そんな悶々とした思いを振り切るべく、今は手を動かすしかない。日々の仕事から。できる仕事を増やすことから。まずは一橋戦に向けて精一杯選手をサポートしたいと思う。

 冗長で稚拙な文章になってしまいましたが、ここまで読んでくださりありがとうございました。次は、同じクラスの表くんにバトンを渡します。
 

2022年1月

<<前月翌月>>
2022/01/20(木) 19:36
心配ないさ!
2022/01/13(木) 18:45
「俺が最強だ!」

アーカイブ

ブログ最新記事